日常点検:車外部

項目 内容 ワンポイント
(1)タイヤの空気圧の点検 ある程度は目視でタイヤのたわみ具合をチェックできるが、タイヤゲージで測れば正確な空気圧が確認できる。運転席側フロントドアの内側に指定の空気圧を明記した表示シールが貼ってあるので、その数値に合わせる。 空気圧はガソリン給油時などにこまめにチェックすること。タイヤの空気が減ると燃費が悪くなるうえ、高速道路でパンクする危険性もある。
(2)タイヤの亀裂や損傷の点検 タイヤのサイドや接地部分など、全体にわたって亀裂や損傷がないかどうか確認する。 石や釘などの異物がタイヤの溝に食い込んでいる場合は、きちんと取り除いておくこと。
(3)タイヤの溝の深さ、異常な摩耗の点検 タイヤの接地部分を見て、摩耗のかたよりがないか、スリップサイン(▲の警告マーク)が出ていないかを確認する。 FF車は前輪のタイヤの磨耗が早く、FR車は後輪のタイヤの摩耗が早い。タイヤが磨耗して溝がなくなると、雨の日にスリップしたりブレーキの効きが悪くなって危険。溝は減ってくると「スリップサイン」という警告マークが現われるが、これが現われたらタイヤを交換すること。できれば4本同時に交換するのがよい。
(4)ランプ類、ウインカーなどの点検 ヘッドライト、スモールライト、バックライト、ウインカーなどのてん当具合、点滅状況、明るさ、照射方向などを確認する。また各レンズに汚れやキズ、ひび割れなどがないか確認する。 ブレーキランプはブレーキを踏んで後ろに反射させればランプの切れがすぐ確認できる。バックランプやテールランプ、車幅灯、ナンバーライセンスランプなどは運転者は不備に気づきにくいので、同乗者にチェックしてもらうとよい。
これらの灯火装置、ウインカー類は切れたり不備があると、車検を通らないので要注意。