日常点検:運転席

項目 内容 ワンポイント
(1)ブレーキペダルのあそびと踏みしろの点検 ペダルをいっぱいに踏んだときに、床との隙間が十分かどうかを確認する。 踏んだ感じが柔らかすぎたり、異音がすると思ったら要注意。ブレーキの異常があると考えられる。
(2)パーキングブレーキとパーキングレバーの点検 ブレーキレバーを完全に解除した状態から引き上げて、引きしろが多すぎたり、少なすぎたりしないか確認する。 坂道駐車時などパーキングブレーキのききが甘いとクルマを固定できないので、チェックはしっかりと。
(3)ウインドウ・ウォッシャーの噴射状態の点検 ウィンドウ・ウォッシャー液を噴射して、噴射の向きや高さが適当か確認する。 液量が十分で噴射状態が悪い場合は、安全ピンなどで吹き出し口を清掃・調整する。
(4)ワイパーの稼働状態の点検 低速、高速の切り替えがきちんと作動するか、またワイパーのふきとり状態を確認する。 ウインドウ・ウォッシャー液を出して、ガラスがぬれた状態で確認すること。
(5)エンジンのかかり具合と異音の点検 スムーズにエンジンがスタートするかどうか、異音がないか、またアイドリングにバラツキがないかどうかを確認する。 エンジンの異常に気づけるように、日頃からエンジン音には気を配っておくこと。
(6)低速および加速の状態の点検 車を発進させ、スムーズな動き出しや加速をするかどうか確認する。減速状態も確認する。 あわせて警告音や水温計など、メーターまわりのチェックも行うこと。